寝違え(寝違い)

TAG
治療
村上 友斗

こんにちは!TREE(ツリー)鍼灸整骨院 亀岡店です!

本日は寝違え(寝違い)についてまとめてみました。日常生活をするうえで誰もが1度は経験したことがあると思います。かなり辛い症状ですよね。寝違え(寝違い)は痛みは強いのですが、適切な処置をすれば、驚くほど改善します。
寝違え

 

このような症状でお困りではないですか?

 

  • 朝起きると首が回らない
  • 寝違えて痛みがなかなかとれない
  • よく寝違える
  • 寝違えてある程度ましになったがすっきりしない
  • 首を動かすと痛い

1つでも当てはまる方は、少しでも早くTREE(ツリー)整骨院にご相談下さい!

 

症状

眠っていて目が覚めたときに、首の後ろや首から肩にかけての痛みが出ることがあり、いわゆる「寝違え」と言います。首を動かすと痛みが出る時もありますし、痛みで首を動かせない時もあります。

 

原因と病態

 

何が起こって痛みが出ているかについては、いろいろな意見がありますが検査や画像でとらえられるような変化がないのが一般的なので、正確な原因であるという証拠はありません。睡眠中不自然な姿勢が続いたために一部の筋肉が阻血(血液の供給が不足)におちいり時にしこりとなっている、前日などにいつもはしないスポーツや労働をして一部の筋肉が痙攣している(こむら返り)、頸椎の後ろの関節(椎間関節)の袋(関節包)に炎症がおこる、などの原因が考えられています。筋肉の阻血・疲労や関節包の炎症を引き起こすのは、上肢の使い過ぎ(手で重いものを持つ動作は頸の後ろの筋肉に負担がでます)、同じ姿勢の持続(飲酒後の睡眠や疲れ果てての睡眠などでは寝返りが少なくなる・パソコンや事務作業が長時間に及ぶと頭を一定位置に保持するために頸部の筋肉に負担が生じる)、が原因の場合が多いと思われます。いずれにしても、「外傷(けが)」ではなく、軽い病気です。

 

引用:公益社団法人 日本整形外科学会

https://www.joa.or.jp/public/sick/condition/sprained_neck.html

 

寝違いにするTREE(ツリ)の治

 

寝違えは強い痛みを伴う症状なので、まずは早期に痛みをとることが重要です。時間が経つにつれて首の筋肉が硬くなっていきなかなか硬さがとれなくなってきます。筋肉が硬いままになってしまうと、首がだるい、雨の日調子が悪い、肩が凝る、偏頭痛などの症状がでてきます。
痛みの強いものに関しては、深部までとどく超音波治療器や特殊電療ハイボルテージ、この2つを組み合わせたコンビネーション治療で、直接痛みの原因の部分にアプローチし、早期に痛みをとります。
寝違いの治療で大切なのは、今ある痛みの改善だけではなく、体全体の状態をしっかりチェックすることです。せっかく施術で痛みが治まっても、寝違いを引き起こしやすい体になっている可能性があるからです。
寝違えの主な原因は筋肉にありますが、筋肉に影響を与えているのは日常生活の習慣です。長時間のデスクワーク、立ち作業、運動不足などの肉体的な要因。食生活の乱れなどによる内臓的な要因。仕事や家庭内でのストレスなどによる精神的な要因など。そういった日常の様々な要因が筋肉に影響を与え、首回りの筋肉を緊張・収縮させます。そして何かをきっかけに(不自然な体勢で寝るなど)、寝違えを引き起こすのです。

TREE(ツリー)では、鍼灸整骨院に運動スペースを併設しています。寝違えの痛みがある程度よくなれば、再発防止のために、運動・ストレッチを行います。普段使っていない筋肉を動かすことで血流が良くなり、基礎代謝量が上がり、体の調子が良くなります。基礎代謝が上がることで免疫力アップ、肌荒れ改善なども期待できます。その他、患者様一人一人の体の状態に合わせて日常動作の改善、適切な食事の取り方、睡眠の取り方などもご指導させていただいております。

TREE(ツリー)鍼灸整骨院で、寝違えを起こさない体を手に入れましょう!

ストレッチ

お悩み解決例 一覧

サービス一覧
サービスと料金に
ついてはこちら
ご予約・お問い合わせ
0771-24-7575
お気軽にお電話ください 0771-24-7575 受付時間 9:00〜20:30会員登録不要! メール予約 24時間受付