頭痛

TAG
治療
山本 佳代子

こんにちは!TREE(ツリー)鍼灸整骨院 亀岡店です!
本日は頭痛についてまとめてみました。日常生活に多大な影響を及ぼす症状ですので、しっかり対策をとっていただければと思います。

 

このような症状でお困りではないですか?

・頭痛が出ると痛み止めを飲むがあまり効果がない
・肩こり、首こりがきつくなると頭痛、吐き気がする時がある
・昔から偏頭痛を持っている
・目の疲れがきつい
・朝起きると頭がぼーっとする

1つでも当てはまる方は、少しでも早く当院にご相談下さい!

 

 

頭痛について

 

頭痛には大まかに分けて1次性頭痛と2次性頭痛があります。

さらに1次性頭痛には3種類あり、緊張型頭痛、偏頭痛、群発頭痛があげられます。

2次性頭痛はくも膜下出血や脳梗塞の前兆であり、早急に病院へ搬送し処置が必要になります。

 

特に発生率が高いのが緊張型頭痛と偏頭痛です。

緊張型頭痛の痛みの程度は片頭痛に比べて軽く、頭全体が重くなって圧迫されるような、グーッと締めつけられるような痛みがあります。
このうち筋肉のこりからくる緊張型頭痛は、デスクワークで長時間前かがみの姿勢を続けたり、パソコン画面を長く見続ける人などに多くみられます。合わない眼鏡をかけていたり、その他の目の疲れによっても起きてきます。
心からくる緊張型頭痛は、職場の人間関係や家族の問題など、精神的なストレスに弱い人に多いようです。頭痛の起こり方も、漠然とした頭の鈍重感に始まり、1日中持続する傾向があります。

 

片頭痛の患者は女性の方が男性よりも3.6倍も多いです。特に30歳代女性の約20%は片頭痛をもっています。
症状としては、ズキンズキンという拍動性の痛みが、頭の片側(ときには両側)に起こります。痛みの原因は、血管の周囲が神経原性炎症を起こしたり、血管が異常に拡張するためと考えられます。
発生頻度は月に1、2回ほどで、痛みは数時間から、長い人で3日間ほど続きます。吐き気を伴い、光をまぶしく感じたり、音にも敏感になります。片頭痛の患者さんの中には、生あくびが出たり、空腹感やイライラ感がつのりだすと、「前もって頭痛が来るのがわかる」という人がいます。
また、頭痛の前兆として、目の前にキラキラした光が出現して視野がぼやける「閃輝暗点」という症状が現れる人もいます。さらに手足が麻痺する人もいます。

 

引用:総合南東北病院

(http://www.minamitohoku.or.jp/kenkokanri/200509/zutuu.htm)

 

 

TREE(ツリー)独自の技術で筋肉にアプローチして、姿勢を整えます。体をボキボキ鳴らすような施術ではなく、痛みの無い、体の左右前後のバランスを整える施術です。マッサージに行って身体が楽になった後で痛みが再発したり、他の整骨院・接骨院で適切な施術を受けられなかった多くの方が、短時間の施術で姿勢が改善し、結果として頭痛の症状から開放されています。東洋医学を組み合わせた鍼灸施術も行っており、内側から体質改善を行うことで症状の改善を実感頂いている方も多数いらっしゃいます。

また、TREE(ツリー)は、鍼灸整骨院に運動スペースを併設しており、症状がある程度改善されれば、更に調子を良くする為に運動を行います。普段使っていない筋肉を動かすことで血流が良くなることで基礎代謝量が上がり体の調子が良くなります。基礎代謝が上がることで免疫力アップ、肌荒れ改善なども期待できます。その他、患者様の体の状態に合わせて、日常動作改善やストレッチもご指導させていただきます。

そして、頭痛の症状が改善した後は、定期的な姿勢のメンテナンスに入ります。
痛みがある時のように頻繁に施術を行う必要はありません。施術により正しい姿勢を体が覚えているので、以前のようにすぐに姿勢は崩れません。頻度は、体の状態によりますが、1ヶ月に一回程度を目安にしています。
常に良い姿勢を体に覚えさせることと、姿勢を崩す原因になる日常生活に対策することで、頭痛を根本改善いたします。

お悩み解決例 一覧

サービス一覧
サービスと料金に
ついてはこちら
ご予約・お問い合わせ
0771-24-7575
お気軽にお電話ください 0771-24-7575 受付時間 9:00〜20:30会員登録不要! メール予約 24時間受付