野球肘

TAG
治療
村上 友斗

こんにちは!TREE(ツリー)鍼灸整骨院 亀岡店です!
本日は野球肘についてまとめてみました。野球をするうえで多大な影響を及ぼす症状ですので、しっかり対策をとっていただければと思います。

野球肘

 

 

野球肘について

 

このような症状でお悩みではないですか?

  • 投球時、肘が痛くて投げられない
  • 重たい物を持つだけで痛みがでる
  • ボールを投げる際に力が抜ける
  • 肘の内側を押すと痛みがでる
  • 痛みがましになっても繰り返し痛みがでる

 

1つでも当てはまる方は、少しでも早く当院にご相談下さい。

 

 

野球肘の症状

 

成長期にボールを投げすぎることによって生じる肘の障害を野球肘といいます。

投球時や投球後に肘が痛くなります。肘の伸びや曲がりが悪くなり、急に動かせなくなることもあります。

 

 

 

野球肘の原因と病態

 

繰り返しボールを投げることによって肘への負荷が過剰となることが原因です。

肘の外側で骨同士がぶつかって、骨・軟骨が剥がれたり痛んだりします。また、肘の内側では靱帯・腱・軟骨がいたみます。肘の後方でも骨・軟骨がいたみます。

引用:公益社団法人 日本整形外科学会(https://www.joa.or.jp/public/sick/condition/baseball_elbow.html

野球肘

 

 

■ 野球肘に対するTREE(ツリー)の治療方針

 

まずは詳細なカウンセリングで、外傷やケガなどによるもの(急性)か、姿勢が崩れていることが原因のもの(慢性)かを判断いたします。

急性に関しては、深部までとどく超音波治療器や特殊電療ハイボルテージ、この2つを組み合わせたコンビネーション治療で、直接痛みの原因の部分にアプローチし、早期に痛みをとります。

慢性に関しては、正しい姿勢と体の使い方を身につけることが大切です。
慢性の野球肘は、崩れた姿勢で、間違った投球動作や体の使い方をすることが原因でおこります。
TREE(ツリー)では、国家資格を持つ柔道整復師が、施術による姿勢改善と、併設の運動スペースを利用した動作指導を行っていきます。

 

TREE(ツリー)の施術内容ですが、体をボキボキ鳴らすのではなく、筋肉にアプローチします。痛みの無い、体の左右バランスを整える施術です。マッサージに行って身体が楽になった後で痛みがぶりかえしたり、他の整骨院・接骨院で適切な施術を受けられなかった多くの方が、短時間の施術で姿勢が改善しています。正しい姿勢が取れるようになると、痛みは自然と改善に向かいます。
 

整骨・整体治療

 
そして、痛みがとれた後は、動作改善に入ります。
野球肘に関しては、徹底的に体に使い方、投球動作(リリースポイントの位置、踏み込む足の方向、股関節の使い方)を指導します。その他、股関節や肩関節などの使い方、適切な食事の取り方、必要なストレッチなどもご指導させていただきます。

ストレッチ
 

また、動作改善と並行して、定期的な姿勢のメンテナンスを行います。
痛みがある時のように頻繁に施術を行う必要はありません。施術により正しい姿勢を体が覚えているので、以前のようにすぐに姿勢は崩れません。頻度は、体の状態によりますが、1ヶ月に一回程度を目安にしています。
 
TREE(ツリー)鍼灸整骨院亀岡店では、
 
1、常に良い姿勢を体に覚えさせること
2、日常動作を改善すること
 
で、肘の痛みのない健康な毎日を実現します。

 

 

 

お悩み解決例 一覧

サービス一覧
サービスと料金に
ついてはこちら
ご予約・お問い合わせ
0771-24-7575
お気軽にお電話ください 0771-24-7575 受付時間 9:00〜20:30会員登録不要! メール予約 24時間受付