肩、肘、腕の痛み スポーツ障害

TAG
治療
村上 友斗
山本 佳代子

TREE(ツリー)鍼灸整骨院 亀岡店です!
皆さんスポーツをしていて肩、肘、腕の痛みは無いですか?特に、野球・テニス・ゴルフなど肩を使うようなスポーツは負傷する事が多いと思います。今回は典型的な症状と簡単にできる対策をご紹介します。

 

野球肩

 
野球肩はざっくりした言い方で、その中には色々な原因・症状があります。一つ目は、上腕二頭筋腱長頭が上腕骨の大結節と小結節の骨の溝を覆う靭帯の間で挟み込まれて炎症を起こすもの。二つ目は、野球肩は投球のやり過ぎや年令的要素で肩峰、烏口肩峰靭帯との間で肩旋回筋腱板が摩擦されて炎症を起こしてなるものなどあります。成長期の過度な回数の多い投球は、野球肩の原因となりますので、避けましょう。
 

野球肘

 
投球動作でおこる肘全ての障害で、肘の内側にあたる上腕骨内側上顆の周囲に痛みを感じる事が多いです。それ以外にも、肘の外側にあたる上腕骨外側上顆や肘の後にあたる肘頭、肘窩に痛みがでるケースもあり、症状は投げ始めに痛みが出ます。投手などは痛みがでなくても練習後はアイシングをして、入浴時に肘から手首の間の筋肉をほぐすようにして予防することをおすすめします。
 

テニス肘

 
肘の上腕骨外側上顆、上腕骨内側上顆に痛みが出ます。ゴルフ肘同様に、肘から下の筋肉の使いすぎによる腱の炎症です。物を持つのも痛みがでる上に、酷いときはひとさし指、なか指を動かすだけで痛みがでることもあります。炎症のある肘にはアイシングを行い、肘より下の筋肉のストレッチを怠らずにしましょう。痛みが落ち着いてきたら、肘より下の筋肉の強化をしていきましょう。テニス肘になると、しばらくは痛みが取れないので、痛みが出る前にストレッチやアイシングを行い予防しましょう。

実際に野球肩、野球肘、テニス肘になってしまったら、一度ご相談ください。TREE(ツリー)でできること、ご自宅でできることなど詳しくご説明させていただきます。

お悩み解決例 一覧

サービス一覧
サービスと料金に
ついてはこちら
ご予約・お問い合わせ
0771-24-7575
お気軽にお電話ください 0771-24-7575 受付時間 9:00〜20:30会員登録不要! メール予約 24時間受付